ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

保育園は本当に必要? 深刻な待機児童問題を考える

保育園は本当に必要? 深刻な待機児童問題を考える

今、保育園の待機児童問題が深刻化していますよね。

私の住む市川市でも、
保育園新設の話が絶ち消えたとニュースになりました。

道幅が狭いため自転車の往来が危険であることと、
子どもの声が騒音につながるのでは? 
との近隣住民から反対運動が起こったためです。

保育園は、働くママ・療養するママにとって必要不可欠なものです。

育児は、喉元過ぎるとその大変さを忘れてしまうもの。

近隣で暮らす人々にとって、
子どもの声が毎日聞こえるのはしんどいことでしょう。

しかし、誰しも皆、育児に追われて過ごしてきたはず。
その大変さや保育園の必要性は忘れてしまうのでしょう。

保育園は、働くママ・療養するママにとって必要不可欠なもの
とても悲しいことです。

ひと世代前の方々にとって、育児は自分でするもの、
子どもは自分で育てあげるもの、母は家庭を守るもの、
そういった意識がまだ残っているのも確かです。

現代は不況の真っ只中。

バブル絶頂期に、
働き盛りだった方々が当たり前に受け取れていたボーナスすら、
今のご時世はカットされてしまいます。

毎月の給与だって、十分なものではないこともあります。

ボーナスすら、 今のご時世はカットされてしまいます。
一家の大黒柱の男性にとって、
育児中の妻が保育園に子どもを預けてまで働くのは、
なんとなく気分のよくないものかもしれません。

でも、そうしないと家計を維持できないのも、現代の実情なのです。

保育園を建設できる場所というのは、一定の規則があります。

市川市ではようやくその場所を確保できたにもかかわらず、
反対運動で開園を延期せざるを得なくなってしまいました。

定期的に、新規開園のお知らせが私の自宅には送られてきます。

定員を見ていつも思うのは、
0歳児1歳児クラスが少ないということ。

待機児童問題はとても深刻で、
自治体・国・国民で考えていかなければならないことです。

保育士の給与の安さもあり、
定員まで受け付けられない保育園もたくさんあるんですよ。

日本にかかわらず、
現代はITなど機械分野の給与は高いのですが、
人の手で行う介護・看護・保育などの現場は給与が安いのが現実でしょう。

少子化になっているのも、保育園に入れて働けない環境があるから。
保育園に入れて働けない環境があるから。
出産・育児休暇を経ても、
保育園が決まらず退職という方もすごく多いんです。

では、どうしたらいいのでしょうか? 

都心部では敷地確保すら大変な問題です。
高齢者介護施設と一緒に作るという方法はどうなのかなとも思います。

敷地に区切りをつければ互いを尊重した関係を築け、
同じ場所に作ることで時には高齢者と子どもとの交流の時間も作れます。

たとえば、自分の老いた両親が入所する施設と、
孫が同じ敷地内の施設に入れたら、
利用者であるお母さんにとっても便利なことです。

いろいろな方面から考えなければ、待機児童問題は解消しません。

働きたいお母さんばかりにスポットが当てられがちな保育園問題ですが、
療養目的のお母さんだってたくさんいるんです。

中には、家事をするのもやっとという体調の方もいます。

中には、家事をするのもやっとという体調の方もいます。それでも、就労より療養は優先されることはありません。

国民全体で声を上げ、
少しでも待機児童が解消されるようになればと思います。

関連記事

【PR】