ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

ロキソニンの副作用追記のニュース! 使用には注意を

ロキソニンの副作用追記のニュース! 使用には注意を

市販でも販売されるようになったロキソニンは、以前は処方薬でした。

ベーチェット病に限らず、口内炎・関節痛・頭痛など炎症を鎮めて、
痛みを緩和する作用を持つ、消炎鎮痛剤の代表格です。

幅広い方に処方されるようになったロキソニンですが、
最近ニュースでも報じられた副作用追記があります。

国内での臨床症例を集積した結果、
重大な副作用が起こり得ることが判明したからです。

厚生労働省による追記内容は以下の内容です。

「小腸・大腸の潰瘍に伴い、狭窄・閉塞が出現し得る。
十分な観察を行い、悪心・嘔吐・腹痛・腹部膨満などの症状が出現した際は、
直ちに投与中止して適切な処置をすること」

重大な副作用と聞いて、
ロキソニンの服用が怖くなった方もいるのではないでしょうか?

重大な副作用とは、高い確率で起こるものではありません。

しかしながら、もともとロキソニンは副作用が起こりやすく、
消化器症状を起こしやすいものです。

さまざまなニュースを見ましたが、医師の処方に変わりはないそうです。

痛みを抑えて炎症を鎮める2つの効果があるロキソニン。
ないと不安という方も多いことでしょう。

過剰摂取・薬物依存などがない限り、特に問題はありません。

私もこのニュースを聞いて一瞬心配になりましたが、
今まで通り使用できそうです。

闘病中の方も安心して、処方通りの服用を続けても良さそうですね。

関連記事

【PR】