ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

闘病の体験を伝える・心に残る医療体験記コンクール

闘病の体験を伝える・心に残る医療体験記コンクール

ベーチェット病患者のみなさん。
そして、すべての闘病体験を持つ方へ。

今、募集中の医療体験を作文にして応募する、
体験記コンクールのお知らせです。

新聞広告をきっかけに知ったコンクールで、
私も応募しようと思っています。

400字詰め原稿用紙5枚(2000文字)以内、
小学生なら3枚(1200文字)以内です。

下記にコンクールの詳細を記載します。

・テーマ:病気・ケガにまつわる思い出、
 介護経験、医師や看護師とのエピソード、医療介護体験記など。
・主催:日本医師会、読売新聞社
・後援:厚生労働省

一般の部で優秀なる1作品には、
厚生労働省賞、日本医師会賞、読売新聞社賞が贈られ、賞金50万円もあるそうです。

詳細は、特設ホームページに記載されています。

郵送またはインターネット申し込みが可能です。

私もベーチェット病闘病体験のほかにも、
子どもの病気やケガ、両親の闘病など、さまざまな体験をしてきました。
郵送またはインターネット申し込みが可能です。中でも最も感激したのは、30歳を過ぎてから、
実に25年ぶりに行った実家近くの歯科医院での思い出。

25年もの歳月を経ていながら、幼少期だった私の紙カルテがまだ残っており、
歯科医師も私のことをよく覚えていたことでした。

病院は敷居が高いと感じることもあり、
医師は特別な存在のように感じることが多いですよね。

特に、大学病院ならもっと。

膠原病で闘病している方の多くは、
かかりつけ医より大学病院を受診する機会の方が多いと思います。

大学病院は数多くの患者を短時間で診察していかなければ、
とてもその日の診療を順調にこなしていくことはできません。

診察が流れ作業のようになってしまうことも、当然あるわけです。
診察が流れ作業のようになってしまうこともそんな中でも、患者は一人の人間として医師を見ている。
そして、それに応えてくれる瞬間もあるはずです。

嬉しかったこと、
もっとこうして欲しかったと感じたこと、辛かった思い出。

人の数だけ、闘病には物語があっていいと思います。

体験記を書くということは、自分の人生を振り返り、
今後をどう生きていくかを考えるターニングポイントになるはずです。

闘病中はがむしゃらで、時には自暴自棄になり、
死にたいと思うこともあるでしょう。

決して、美化して書く必要はないと思います。
決して、美化して書く必要はないと思います。今まで辛かった分だけ、
これから先の人生をよりよいものにするためにも、
この機会に応募してみてはいかがですか?

締め切りは、2016年10月12日(水)必着です。

自分史を書くつもりで、
自分の思いを伝えるつもりで、気軽に応募してみてください。

入賞者の発表は、2017年2月上旬の読売新聞にて。
私も賞金50万円を狙って書いてみます!(笑)

 

関連記事

【PR】