ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

誤診されやすい外陰部潰瘍・薬の知識を備えておこう

誤診されやすい外陰部潰瘍・薬の知識を備えておこう

外陰部潰瘍が出来た場合、
ベーチェット病の存在を知らない方は、婦人科を受診することが多いと思います。

また、男性は泌尿器科を選ぶでしょう。

外陰部潰瘍はベーチェット病で起こる特有の症状ですが、
医師でもあまり知識がない場合は、
誤診されやすい症状だということを知っておいてください。

私の経験から、外陰部潰瘍で誤診され、
その際に処方された薬の情報などをご説明いたします。



私も外陰部潰瘍が明らかとなった時期は、長女を妊娠中でした。
妊娠中とあり、妊婦検診でお世話になっている婦人科へ受診しました。

初見で医師は、「ヘルペス」と診断し、アラセナAという軟膏を処方されました。

ヘルペスという言葉に、
夫から多少なりとも嫌悪感を抱いている雰囲気を感じました。

だって、ヘルペスって性病のようなイメージを抱く方もいるでしょう? 

しかし、処方された軟膏では一向に回復へ向かうことなく、再度診察へ。
婦人科を受診することが多い?まず行ったのは、外陰部を拭い、検体を病理検査へ回すこと。
細菌感染や原因の特定を行うためです。

検査は外部機関へ依頼し、検査結果を聞きに再度診察へ伺いました。
検査結果は、「単純ヘルペスウイルス(-)」の判定でした。

口内炎・高熱が続くなどの症状と照らし合わせ、
ベーチェット病との疑いを持たれて、
順天堂浦安病院の膠原病内科へ紹介状をもらいました。

ベーチェット病特有の外陰部潰瘍なら、
ステロイド配合の軟膏を使用するのが一般的です。

2つの似たような外陰部の症状でも、
処方されるべき薬は全く異なるのです。

もし、外陰部潰瘍ができて受診するなら、
ほかの症状がないか・きちんと病理検査を行ったかを確認してください。

誤った処方で、かえって外陰部潰瘍を悪化させてしまうことがあります。

受診する科を迷うときは、皮膚科がおすすめです。

潰瘍は見分けが難しいため、
曖昧な診察で終わってしまうこともあるでしょう。

外陰部も皮膚の一部です。
皮膚のスペシャリストである皮膚科なら、判別もしやすいはずです。

関連記事

【PR】