ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

子供の頃から感じてた違和感と体調不良。私がベーチェット病?

子供の頃から感じてた違和感と体調不良。私がベーチェット病?

このサイトを見ている方は、きっとベーチェット病かもしれない、
もしくは近しい人にさまざまな症状が出て、
ベーチェット病に辿りついた方かもしれません。

できるだけ、あたしが体験してきたことを、時系列でお伝えしたいと思っています。



自分の言葉で伝えたくて、思ったことをそのままの言葉で書き綴ります。

ベーチェット病に羅漢しているとわかったのは、平成21年12月。産後2カ月のこと。

妊娠中に、ベーチェット病の疑いを持たれ、
千葉県浦安市にある順天堂大学浦安病院を紹介され、
受診したことで病名がはっきりしました。

妊娠中に起きた数々の苦難や、病気との闘いについては、
本サイト内で順次紹介していこうと思っています。

その前に、幼いころの話。

記憶に残っているのは、小学生時代からでしょうか。
よく口内炎ができる子どもだったっけ。
よく口内炎ができる子ども人と比べたことがなかったから、口内炎がどんなものかよく知りませんでした。

でも、大人になってから自分の口内炎が、
ほかの人に比べて酷いってことわかったんです。

えぐれるような白い潰瘍。

しかも、直径1cm近くある大きなものばかり。
みんな口内炎はこんなもんだと思っていました。

口内炎を人と比べる機会なんて、誰しもそんなにないと思います。

でも、違っていたみたい。

小さいころは、母に口内炎ができたって言ったって、
「ビタミン不足」とだけ言われて、ビタミン剤をよく手渡されていました。

そのころは、誰もベーチェット病だなんて想像もしないので、
母を責めても仕方ないこと。

だけど、もう一歩踏み込んでいたら、
医師も今よりもっとベーチェット病のことを知っていたら……
なんて恨み節が出てきたこともありました。

身体に炎症があるときは、何かのサイン。病気じゃないって頑張る気持ちは大事。
でも、サインを早く知るって、もっと大切だと思います。

身体が発するサインと向き合うのは、自分の身体を知るチャンス。
健康な人は、健康を維持するため。
そうでない人は、身体をメンテナンスして健康に導くため。

そんなきっかけになれるように、自分の体験を少しずつお話していこうと思います。

 

 

関連記事

【PR】